企業向けサービス

〜 「共感」と「つながり」からすべての女性が真に輝き続ける組織へ 〜

ファミリーコンパスは、企業の中で働く女性をエンパワメントするための人材育成、組織開発のコンサルティングや場づくり、ワークショップ、コミュニティー支援をしています。

産休育休明けの時短勤務などの制度はあるが形骸化している、または制度利用者とその他のメンバーの間でストレスが生じ、 チームが機能不全を起こしている、という現場の課題は珍しくありません。

多様な背景や立場にある人たちが一緒になって働く。
それぞれを受容し、信頼し、それぞれの最善で主体的に貢献していくためには、本音で語り合うことができる関係性と多様な価値観を理解し合えるコミュニケーションスキルが大切だと私たちは考えます。
内側にある真実から関わり合うプロセスを紡ぎ、それを制度やルールといった構造が後押しする、その両輪が多様な個人の可能性を最大化できる組織風土を創っていくカギとなります。
ファミリーコンパスでは、これまで企業が取り組んできたダイバーシティーや女性活用促進といった取り組みを、もう1ステージ進化させるための様々な法人向けサービスを展開しています。
産休・育休明けワーキングマザー・サポートプログラム
ワーキングマザーの支援で最も鍵となるポイントは産休育休明けに復帰するとき、そして復帰した後のサポートです。このプログラムは、人事部や現場の上司だけがその責任を担うのではなく、ワーキングマザーの相互支援のつながりを社内にコミ ュニティとして自己組織化のプロセスで形成します。それを支えるのはワーキングマザーとしての経験を積んでいるメンターが新しくワーキングマザーとして職場復帰するメンティーを支え、そこに上司が加わるという立体的なサポート体制の構築 です。ワーキングマザーに対して最も共感できるのは同じ道を通ってきたワーキングマザーであり、ここをリソースとして活性化することが、リテンションやエンパワメントに大きな効果があります。

非暴力コミュニケーションの手法などを活用しながら、育休・産休当事者(メンティ)と既にワーキングマザーとしての経験のある女性社員(メンター)、そしてメンティの上司という行う3者での対話と共感的コミュニケーションのスキルの習得 を中心にプログラムを組み、不安も願いもオープンに本音で話せる関係性、プログラム終了までに自己組織化するためのステップを組み込み、組織内コミュニティとして自主運営していくためのノウハウを蓄積していきます。
またオプションとしてオンライン会議システムを活用したコミュニティ運営のサポートや、復帰前の個別コーチングなども提供いたします。
女性リーダー向け・リーダーシッププログラム
女性リーダーの輩出が多くの組織で命題であるにも関わらず、多くの女性がそのリーダーシップを開花しきれないまま、もしくはしようとしないまま働いている現実があります。高い受容性や共感力、立場に関係なく人間力でつながる力やあるべき姿に対するぶれない力など、強みに対する明確なフォーカスとスキルの習得で大きな力に昇華できる能力も、組織の中で未開発なリソースとして留まっています。
ファミリーコンパスでは、結婚・出産・育児・介護といったライフイベントにおける不安や迷いといった感情とその奥にある自分の本当の願いにつながっていく内省力、そして外側の期待や要請にただ応じるだけではなく、自分の奥底にある情熱や想いにつながるための自己共感のスキルと自己変容のプロセスをベースとした一定期間に渡るアクションラーニング型のワークショップ・トレーニングを提供しています。

組織マネジメントが大きく変わろうとしているこの時期にこそ、自社の女性リーダーを集中的に戦力化する価値があるのではないでしょうか。
ダイバーシティーのその先へ:指示命令・アドバイスを越える共感的マネジメント
この10年間でダイバーシティー、エンゲージメントという言葉は多くの企業の間で一般的な言葉になりました。しかし、制度の整備が進んでも、エンゲージメントサーベイを毎年実施しても、実際の現場では、その世界観と乖離した単一的な価値観、同質性を前提としたマネジメントスタイルが主流となっているのが現状です。マネジメントする社員の価値観は加速的に個別化、多様化しているのにも関わらず、マネジメントする側が指示命令・アドバイス以外のコミュニケーションの仕方を知らないことが、現場に多くの分離やひずみを生み出す原因となっています。

ファミリーコンパスでは、人間同士が理解し合う上で普遍的な共通項をベースとする「共感」をベースとしたコミュニケーションの実践をマネジメントに取り入れ、違いの強調ではなく人間としての普遍性でつながり合うチーム構築や組織マネジメント、部下育成ができるようになることをサポートしています。